まずいような、なんというか。数年前話題となったシェイクシャックのハンバーガーを食べてきた


こんにちは。
数年前、日本に初上陸して連日行列だったシェイクシャック。
ここ最近は落ち着いてきたのかなという印象です。
そして先日、日本3号店である東京国際フォーラム(有楽町)のシェイクシャックに行く機会がありましたので食べてきました。
結論から言うとそこまで美味しくはなかったです。

東京国際フォーラム(有楽町)店へ

有楽町駅を出てすぐ目の前に東京国際フォーラムがありますが、本当にそのすぐそこにありました。
平日のお昼時でしたが、行列も特にありませんでした。


カウンターで注文、会計を済ましてから商品の受け渡しという流れ。

値段はハンバーガー単品で610~1260円。
セットメニューは特になく、ポテトやドリンクなど必要なものを適宜チョイスしていきます。
最近行っていたバーガースタンドがポテトとドリンクがセットになって1,200円前後というところが多かったので、ちょっと戸惑いました笑。
ドリンクは注文せず、看板メニューであろう「シェイクバーガー」と、東京進出3周年記念メニューという「チキンシャック」。あとフレンチフライを頼みました。水は頼めば一杯だけくれるマクドナルド方式。


店内はお昼休みのサラリーマンやOLさんがたくさん。
席の埋まり具合は8割ほどでしょうか。


商品ができあがるとこちらのブザーが鳴ります。


10分ほどで出来上がり。

シェイクバーガー(シングル710円)

バンズは焼かないスタイル。
後から調べるとポテトを使ったバンズなんだとか。独特のバンズで好みが分かれそうです。個人的にはあまり好きじゃなかった。
パティはホルモン剤フリーのアンガスビーフ100%ということでしたが、チーズにインパクトが負けていて少し残念。
トマトとレタスはそれなりに美味しかったです。

チキンシャック「760円」


アンガスビーフ100%のハンバーガーよりもチキンの方が値段が高いという。
こちらはわりとさっぱりしていて食べやすかったです。

クリンクルカットのフライ(440円)


こちらはレギュラーサイズ。それなりにボリュームがあります。
これもまたものすごくイモイモしていて、小さいサイズで十分でした。

ケチャップとマスタードはセルフです。

個人的には1回でもういい

行列のイメージが強かったので、今回全然並んでいなかったのが「ラッキー」だと感じていましたが。
平日というのと、もうブームが過ぎたというのもあるのかもしれません。
もし行列ができていたら並ぶかと聞かれると、答えはNOです。
正直マクドナルドでハンバーガーを食べているのと同じ気分でした。
まずくはないんですけど、なんというか期待値が高過ぎたのか…。

値段は安くもなく高くもなく?ちゃんと注文を受けてから作っている感じはするので、その辺りは妥当な値段なのかなと。
2020年までに店舗拡大していくようですが、上手くいくでしょうか。

では、今日はここまで。